若者にも高尿酸血症や痛風が増えている

「痛風」というと40〜50歳代のおじさん、中高年の病気というイメージは昔の話。
いまでは20歳代の若者からすでに「若年性痛風」が増え続けているといわれる。

日本の痛風患者は、60万人。
その予備軍、高尿酸血症患者は、600万人もいるそうだ。

初めて痛風になるのは30代が最も多いが、年々20代も増えてきている。

痛風は、朝起きると骨折したかと思うほどの突然の激しい痛みで
歩くことすらままならなくなってしまう恐ろしい病気ですが、
100年前の日本には見られなかった。

それが、なぜ、いま若者にも増え続けているのだろう?

続きを読む
posted by 風庵人 at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の原因

スポーツと痛風

痛風の治療をしていると、医者には「適度な運動をするように」と言われます。それは、肥満対策という意味であり、「適度な」「軽く」というところがポイントです。

なぜなら痛風は、スポーツしている人にも多い病気だからです。激しい運動をして大量の汗をかくと体内の水分量が減少し、結果として尿酸の濃度が上がってしまうのです。

ですから運動したあとの十分な水分補給が必要です。また尿酸は尿として排泄される際に、ナトリウムやカリウムとの化合物となるので、水分補給と同時にミネラル分も補給したほうがいいので、単なる水よりもスポーツドリンクのほうがいいでしょう。
続きを読む
posted by 風庵人 at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の原因

痛風変異遺伝子、リスク26倍 防衛医大助教ら米誌に発表

痛風変異遺伝子、リスク26倍 防衛医大助教ら米誌に発表
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009110401000551.html

痛風のリスクを高める遺伝子が発見されたという最新ニュース。

松尾洋孝防衛医大助教と高田龍平東京大助教らが4日付の米科学誌に発表したところによると、

尿酸を排出するポンプにかかわる遺伝子に変異がある人は、変異がない人の約26倍も痛風になりやすいことが解り、研究チームはこれが痛風の原因遺伝子とみているそうだ。

痛風は、体内で作られた尿酸が尿などから排出されないまま、血中に増えることにより発症につながる。

続きを読む
posted by 風庵人 at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の原因

高血圧と痛風

ふだん頭痛がしたり肩が凝ったり、身体がダルいと
感じることが増えた。

町中の温泉施設でゆっくり温まろうとして、湯に入
る前に血圧計があったので、何気なく計ってみて驚
いた。

上が195、下が142という値。

確かにもともと血圧が高いと感じていたが、ここま
で高くなっているとは思わなかった。

どうりで、フラフラとダルい感じがするわけだ。


続きを読む
posted by 風庵人 at 22:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 痛風の原因

痛風予備軍

いま現在、痛風じゃなくても、現代の生活スタイルでは誰もが痛風になる危険性を持っています。

あなたも「痛風予備軍」かもしれませんよ。

痛風になる原因は、血液中の「尿酸」です。

痛風はその名のとおり、風に当たっても痛い!というくらい、なんともたとえようのない激しい痛風発作をもたらします。それも、ある日突然に何の前ぶれもなく!!

私の場合もそうでした。

後からわかったことですが、そうした痛風発作の原因は「尿酸」なのです。

血液中にいろいろな原因で尿酸が増えすぎると、身体のあちこちに尿酸塩(尿酸の結晶)が溜まった状態となり、痛みを起こします。

血液中の尿酸値が高く、特に他に症状がない場合は、高尿酸血症と言われています。

こうした高尿酸血症の状態が、まさに痛風予備軍!

40歳以上の男性の10人に1人が痛風予備軍だといわれてきました。

さらに、現代人のライフスタイルでは、若い世代からの予備軍化が増えています。

これまで痛風は、主に男性に多かったものですが、近年では女性にもひろがっています。

続きを読む
posted by 風庵人 at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の原因

そもそも「尿酸」ってなに?

痛風は「尿酸値」が高くなると起こります。

では、そもそもその「尿酸」って何でしょう?

尿酸というのは、一言でいうと体の中でできた老廃物です。
尿酸は白色・無味・無臭の物質。

体の中の細胞は、日々新しく作られていく一方で、古いものは壊れていきます。細胞の核原形質である核酸の代謝によって生じた燃えかすが「尿酸」という物質です。

「尿酸」は、激しい運動やストレスによるエネルギーの代謝によって細胞が壊れたり、プリン体から生産される廃棄物です。

スポーツ選手に痛風が多いのは、エネルギーの代謝によるものですが、
中高年の男性が痛風になりやすいのは、主に肥満体質や飲酒飲食によるプリン体によるものです。

続きを読む
posted by 風庵人 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の原因

寒い季節と痛風

師走ですね、まさに冬本番。毎日寒い季節となりました。

私が初めて痛風の辛さを経験したのは、やはりこれからの
寒い時期だったと思います。

・寒さから血行が良くないこと。
・水を飲む量が少ない。
・身体を動かさなくなること。
・冬の味覚(カキ、カニ、ブリ、フグ、白子)などなど
 鍋料理やしゃぶしゃぶの機会が増える。
・忘新年会なども重なり、飲みすぎ食べすぎになる。

などなど、痛風につながりそうなことだらけですからね。

よほど気をつけないといけません。


続きを読む
posted by 風庵人 at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の原因

高尿酸血症

男女とも、尿酸値が7.0mg/dLを越えると、「高尿酸血症」と診断されます。

尿酸値は6mg/dL以下がよいとされているのです。

続きを読む
posted by 風庵人 at 11:09 | 痛風の原因

発作の原因

血液中にさまざまな原因で尿酸が増え過ぎると、身体のさまざまなところに尿酸塩(尿酸の結晶)がたまり、それが痛みを起こします。

続きを読む
posted by 風庵人 at 10:58 | 痛風の原因

ストレスと水分不足

痛風は精神的ストレスや水分摂取の不足も発症の引きがねとなる。

続きを読む
posted by 風庵人 at 10:13 | 痛風の原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。