予期せぬ痛風の発作を避けるには

痛風は年間を通じていつでも発症しますが、
一年のうちで特に痛風発作が起こりやすい時期があります。

身体を動かし、汗をかいて、水分が不足がちになる夏場が最も要注意の季節。
暴飲暴食になりがちな年末・年始。
それらに次いで起こりやすいのは、まさにこれからの春の時季なんです。

会社の歓送迎会や花見といった行事など、やはりお酒の飲む機会も多いですし、
新しい環境での仕事や転勤など、なにかとストレスも溜まりやすい時期なので。

これまで痛風発作を起こした人も、まだ発作の経験はない人も、
長年高尿酸血症であれば、痛風予備軍なので、
予期せぬ発作だけは避けなければなりません。

今回は、そのための食事の話です。

いつも言っていることですが、野菜と海藻を主体とした食事がおすすめです。

■積極的に摂りたいもの
○野菜
野菜の中でも、小松菜は抗酸化作用に優れたカロテンを豊富に含んでおり、
アルカリ性のため、尿の酸化も防ぐ働きをしてくれます。

これからの季節、菜の花のおひたしやサラダもいいでしょう。
もやしは、栄養は少ないですがプリン体も少なく低カロリーなので、
炒め物など他の野菜といっしょに摂ることで満腹感も得られます。
尿酸値を下げる効果のあるニンジン、ジャガイモ、トマトなどもいいでし、
尿をアルカリ化する大根やナス、山菜では利尿作用のあるウドもおすすめです。

○海藻
ワカメ、昆布、ひじき、メカブなどの海藻は、
野菜の3倍のアルカリ性食品と言われています。

人間の体は常に弱アルカリ性に保たれるように働いており、
弱アルカリ性の状態を維持することが健康への第一歩。

プリン体も少なく低カロリーで、野菜では補いきれないミネラルを
豊富に含んだ海藻類をたっぷり食べるようにしましょう。


続きを読む
posted by 風庵人 at 10:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

夏場の痛風予防のポイント!

汗をかきやすい夏場は水分不足になりがち。

ポイント1:意識的にたっぷりと水分補給をしましょう。
尿の量を増やし、一日2リットルの尿とともにを尿酸を排出するように。

ポイント2:尿のアルカリ化
尿酸は中性〜アルカリ性の水分に溶けやすいので
尿をアルカリ化する食品を多く摂取し、尿を酸性化する肉類などの食べ過ぎを避けるように。

【尿アルカリ化食品】
●ほうれん草・ナス・ニンジン・キャベツ・ごぼうなどの野菜類
●ジャガイモ・里芋・さつまいもなどのイモ類
●昆布・わかめ・ひじきなどの海藻類
●バナナ・メロン・リンゴ・グレープフルーツなどの果物類

【尿酸性化食品】
●牛肉・鶏肉・豚肉など肉類
●サバ・マグロ・かつおなど魚類
●卵・エビ・アサリ・ホタテ貝・精白米など

続きを読む
posted by 風庵人 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

高血圧・痛風予防にギャバロン茶


いま放射性物質による内部被曝で健康が損なわれていくことが懸念されていますね。放射性物質は五感で感じられるものではないので、まったく自覚がないうちに蓄積されてしまう。

これと同じように痛風と関係の大きい高血圧もよほどの異常がない限り、普段なかなか自覚症状がないまま動脈硬化や脳卒中や心臓病など致命的な合併症を起こす怖い病気です。
「声なき殺人者」という別名があるくらいですから要注意です。

血圧は降圧薬で下げることもできますが、食生活では塩分やアルコールを控える。
軽い運動をするなどが有効です。

それと、私自身は高血圧に良いといわれるいろいろなお茶も試してます。
これまでも深蒸し緑茶やヤーコン茶をおすすめしていますが、
ここ数か月はギャバロン茶も飲用しています。

「ギャバロン茶」ってなに?

ギャバロン茶…聞き慣れないお茶ですが、実は1986年に国立茶業試験場の開発研究で誕生した純日本生まれの新しいお茶なんです。

ギャバロン茶の元は緑茶です。
これまで「緑茶」の二番茶・三番茶は番茶としての活用しかなく、刈り取っても多くはそのまま畑に返されていました。

もっと有効な活用方法はないものかとさまざまな研究をしているうちに、生茶葉を窒素ガスの中にいれてしばらく保存し、緑茶にしてみたところ、やや蒸れた臭いのする緑茶になった。この蒸れ臭のような香り成分を分析するとGABA(γ・アミノ酪酸)と呼ばれるアミノ酸の一種が大量に含まれていることがわかったのです。
続きを読む
posted by 風庵人 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

痛風予防に軽い運動をしよう!

痛風経験者や痛風予備軍の人には、
ふだん運動不足である場合が多いようです。

あなたはどうですか?
あまり身体を動かしていないのでは?

痛風の予防には、軽い運動が効果的です。

これから夏に向かい汗をかく季節ですが、
たくさん汗をかくようなハードな運動は必要ありません。
激しいスポーツなどは、尿酸値を高くする原因となり
痛風にとってむしろ弊害なんです。

だから誰でもどこでもできるようなごく簡単な運動がいいです。
毎日続けられるようなものがいいです。続きを読む
posted by 風庵人 at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

痛風予防に緑茶のすすめ

今夜の「ためしてガッテン」、見ましたか?

1月12日に放送された、緑茶の超健康法、第2弾でしたね。

緑茶の生産地にがんの死亡率が低い街が多いのは事実だそうです。

また、深蒸し茶であれば、前回紹介された静岡産・掛川の深蒸し緑茶だけでなく全国の生産地のものでも同様のメタボや動脈硬化の改善・予防に効果が期待できるとのことでした。

深蒸し茶には、普通のお茶にはほとんど含まれないβカロテンやビタミンE、クロロフィルといった成分が含まれているそうです。

また普通の緑茶でも、淹れ方や飲み合わせ方に工夫をすることで、劇的に有効成分量がアップすることも紹介されてましたね。

淹れ方のポイント:緑茶をコーヒーミルで細かくして淹れる。
飲み合わせ方のポイント:牛乳と緑茶を合わせて飲むことでカテキンの吸収率が上がる。

番組では、痛風と緑茶に関しては特に触れていませんでしたが、
私は痛風予防にもなると考えています。

尿酸値が高くなる要因として、尿酸の元になるプリン体のことがよく言われますが、そのプリン体のできかたには2つあり、体外からのプリン体摂取と体内で作られるプリン体生産に分かれます。

続きを読む
posted by 風庵人 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

悪玉コレステロール値を下げる

深蒸し茶が話題ですね!今夜8時、NHK大人気番組「ためしてガッテン」で再び「緑茶」が取り上げられます。

「緑茶」が、悪玉コレステロール値を下げてメタボ解消の効果が高いとのこと。これは痛風の予防にもなります。

『1/21朝ズバで放送!1/12ためしてガッテン!テレビで紹介されてから注文が止まりません!掛川深...』を見る [楽天] http://a.r10.to/hBvJh0
posted by 風庵人 at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

尿酸値が高いので体脂肪を落としたい

尿酸値が高いことがわかり病院へ行くと、プリン体に気をつけること以外に、肥満気味の場合には、体脂肪も落とすように言われたりします。

ぽっこりした自分のおなかを鏡で見て、「どうしてこんなに脂肪がついてしまったのだろう?」と思った事はありませんか。脂肪は、理由も無しに勝手にムクムクと湧き上がってくるものではありません。脂肪がついてしまった事には、必ずそれなりの理由があるはずです。

それでは、一体なぜ脂肪がついてしまったのでしょう。まず、脂肪がついてしまう原因には、

・体質によるもの
・食生活によるもの
・運動不足によるもの
・加齢によるもの

等が考えられます。体質によるものでは、親から受け継いだ遺伝的な事が原因と言えるでしょう。
続きを読む
posted by 風庵人 at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

夏はたっぷりと水分補給を!!

痛風や高尿酸血症の人、または予備軍の人は、体内に過剰にできてしまう尿酸をできるだけ尿と一緒に、体外に出してしまわなければならない。

一般的に一日の排尿量は1〜1.5リットルくらいだそうだが、
痛風や高尿酸血症の人、または予備軍の人は、2リットルの尿量が必要とのこと。

特に今年のような猛暑が続く夏は、汗を多くかくので、2リットル以上の水を飲んでも案外、尿量は少ない。

2リットルの尿量を確保するのは簡単ではないと心得た上で、
さらに十分な水分補給が必要になるのです。

とはいえ、水だけを一日2リットル以上飲み続けるのも大変なので、水以外の飲み物と併用しながらということになる。

水の他に、どんな飲み物がいいのか?

水分補給と称して、冷えたビールをガブガブやればなんて、
もちろんダメ!プリン体やアルコールは全く余分なもの。

続きを読む
posted by 風庵人 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

夏は尿酸値が上がりやすい

これからの夏は汗をかくことが多く、水分が不足がちになります。
水分が足りないと血液が濃縮され、尿酸値が高くなります。
夏場に痛風発作が多いのはこのためです。

常に水やお茶などを補給することを忘れずに。

適度に運動することはとても大切ですが、
激しい運動は尿酸の排泄が抑制され、体内の尿酸が増加します。
また、大量に汗をかくことで、血液が濃縮されて尿酸値が上昇します。

ですから運動もほどほどにということです。


尿酸は尿と一緒に排泄されるので、尿を排泄する量が増えれば
尿酸も減っていきます。1日2リットル以上の水分補給をしましょう。
一度に大量に摂るのはむずかしいですが、少しづつこまめに補給する
習慣にすれば、そんな大変なことでもないです。
続きを読む
posted by 風庵人 at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

ヤーコン茶のすすめ

痛風の治療で医者に通うと、生活習慣病に気をつけるよう、繰り返し言われていた。

確かに痛風に限らず、糖尿病や高血圧や脳梗塞などの要因は、日常の生活習慣の中にある。

痛風予防や痛風対策をするということは、合併症や生活習慣病全般を防ぐことにもつながるんです。

「一病息災」というように、この機会に自分の身体に注意を払って、健康を保つようにしたらいい。

だから痛風の痛みが「危険」を知らせてくれるのだと思うようになった。

続きを読む
posted by 風庵人 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。