痛風と納豆、再び

自分のまわりでも痛風持ちの人が数人おり、
ふだん気をつけていることなどを話し合ったりする。

最近、納豆の話題がよく出てくる。
大豆や納豆はプリン体が多いけど、植物性だから大丈夫なのでは?
というような意見もある。

私自身ははっきりしたことはわからないが、
納豆好きだけど食べ過ぎないようにしている。

まったく食べないわけではなく、1〜2日おきに、
朝食に1パックくらいかな。

参考になるブログを紹介してみる。
続きを読む
posted by 風庵人 at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

知っておきたい、痛風のための魚介類の知識

海へ出かけた。フィッシャーマンズ・ワーフに大きくて見るからに旨そうな!天然岩ガキが…。

以前だったら迷わず買うところだが、じっと我慢した。
牡蠣はプリン体が多いからね。(ホントは一個くらい構わないのだろうけど…)

どのくらい多いのか、痛風にダメな魚介、まあ大丈夫な魚介を調べてみた。

●食品100gあたりの総プリン体含有量(mg)

〈多いもの順〉

・煮干し    746mg
・かつお節   493mg
・あん肝    399mg
・白子     305mg
・真イワシ干物 305mg
・大正エビ   273mg
・真アジ干物  245mg
・カツオ    211mg
・真イワシ   210mg
・サンマ干物  208mg
・クルマエビ  195mg
・スルメイカ  186mg
・牡蠣     185mg
・ニジマス   181mg
・マアジ    165mg
・明太子    159mg
・マグロ    157mg
・トビウオ   155mg
・カニみそ   152mg
・アサリ    146mg
・キス     144mg
・ニシン    140mg
・ズワイガニ  136mg
・ドジョウ   136mg
・ヒラメ    133mg
・アユ     133mg
・マダイ    129mg
・マサバ    122mg
・ブリ     121mg
・タラコ    120mg
・サケ     119mg
・ツナ缶    116mg
・ハマグリ   105mg
・コイ     103mg
・タラバガニ  100mg
・ハタハタ    99mg
・ワカサギ    95mg
・ウナギ     92mg
・カズノコ    22mg
・スジコ     16mg
……………………………………

やはり牡蠣は多いほうだなぁ。

『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』では、食品はそのプリン体含有量に応じて、

続きを読む
posted by 風庵人 at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

痛風や高尿酸値で気をつけたい夏の食事

前回は夏に痛風発作が多いという記事を書きました。

暑さで汗をかくことによる脱水症状が引き金になる。
水分が不足すると尿酸値が上昇してしまう。だから、
一日2リットル以上の水分補給と尿のアルカリ化をはかろう!と。

このところアクセスが増えてます。
やはり夏場に向けて、痛風初心者や予備軍が増えているのでしょう。
痛風予備軍は成人男性の5人に1人とも言われてます。

そこで今回は、「痛風や高尿酸値で気をつけたい夏の食事」について
お伝えしておきます。

まずはビール。続きを読む
posted by 風庵人 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

痛風に山芋はいいの?よくないの?

06月16日に「みちは」さんからご質問をいただいてた下記の「山芋」に関していろいろ調べてみたお答えを、こちらでお知らせします。
____________________

2年ほど前から高尿酸値といわれています 境界ということです 持病として高血圧.肝機能も悪いので様子見と医師に言われました 病院の薬局で高尿酸値に悪い食べ物は?と聞いたら薬剤師は山芋と一番先に言いました 私好物なので庭先で10本ほど作っています 毎年20キロほど収穫していますが 本当に駄目なら撤去しようと思います 山芋はカリュウム排泄を助けるので高尿酸値に良い食品と書かれています 迷ってしまいます 教えて下さい 
____________________

まず、これまで私自身は「山芋は高尿酸値によくない」とは全く思っていなかったので、ご質問にある薬剤師さんが真っ先に「山芋」と言われたのはとても意外でした。

そこであらためていろいろ調べてみたのですが、
「山芋」が高尿酸値や痛風によくないという明確な理由は、特に見当たりませんでした。

むしろ良い食べ物なのではないでしょうか?

続きを読む
posted by 風庵人 at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

痛風と納豆とカロリー制限

痛風予防の食事は野菜中心がいいのですが、
その野菜の中で唯一の例外が、大豆なんですね。

なぜなら大豆にはプリン体が含まれているからで、
特に納豆はプリン体が多いのです。

たとえば食品100g中、豆腐はプリン体20mgですが、
納豆は114mgと、豆腐の5倍以上のプリン体があります。

シバエビ144mg、タラコ120mg、牛肉100mg、ビール5mgですから、
納豆の114mgはかなり多いことがわかりますね。

アルコールも呑まず、野菜中心の食生活なのに、なぜか?尿酸値が
高い人は納豆好きが多いそうです。
だってビールの23倍のプリン体ですから!

では、納豆はまったく食べてはいけないのでしょうか?

続きを読む
posted by 風庵人 at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

痛風と豆類(大豆・納豆・豆腐・枝豆)

以前から痛風や高尿酸血症の人には、大豆や納豆や枝豆などの豆類はプリン体を多く含むのであまり良くないと書きましたが…

痛風や高尿酸血症の人は、合併症の人が多く、たとえば高血圧や高コレステロール、中性脂肪値、ビタミン不足、肝臓の機能の低下、糖尿病、、動脈硬化などの予防には効果的だったりします。

だから痛風に良くないから全く食べないというのではなくて、自分の身体と相談しながら、合併症も含めた自分の症状に併せて、食べすぎないように気をつけながら、バランスよく摂取するようにしたらいいです。

むしろ健康のためには、何でもいろいろなものをほどほどに食するのがいいですね。

●大豆
昔から良く「大豆は畑の肉」と言われているように、たんぱく質や
アミノ酸をはじめ、いろいろな栄養成分が実にバランスよく豊富に含まれています。日本人は古くから、米や魚と同様に、うまく大豆を食生活に取り入れてきました。

大豆のたんぱく質には、肥満を改善し、血中コレステロールを低下させる効果があるといわれていますし、炭水化物や脂質、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸といった実にさまざまな栄養素を持つとても優れた食品です。

ただし、生の大豆には赤血球凝集素やタンパク質分解酵素阻害物質な
どの毒性酵素も含まれているようで、このあたりは注意が必要ですね。



続きを読む
posted by 風庵人 at 18:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | 痛風の食事療法

意識的に減塩しよう

血液検査をすることで尿酸値をはじめ、コレステロールや中性脂肪などのさまざまな身体の健康状態がわかるので、年に何度か行きつけの病院で血液検査をしている。

今回の結果は、尿酸値は6.1とけっこう高めだったので、薬を飲んでいるにもかかわらず要注意だ。

HDLコレステロールは正常値の範囲内だが、中性脂肪がかなり高い。
これは食事内容やボリュームで調整しなければならない。

あと、これまでは特に目立たなかったのに、腎臓の状態が良くないことがわかった。普通の人の半分くらいしか腎臓の働きが機能していないとのこと。

痛風や高尿酸血症がいろいろな合併症につながっていくというのは、まさにこういうことを言うのだろう。

私の場合、今にして思うに、痛風や高尿酸血症と高血圧が
長年にわたり関係していたのだと思う。

高血圧との関係性は個人差もあるだろうが、
血流を悪くしているという点で、痛風の要因にもなっていたと思う。

また、今回の腎臓の異常は、血圧を下げる薬の影響もあるかもしれないとのこと。

血圧を下げながら、腎臓の働きへの負担も極力かけないようにするには、減塩対策くらいしかないようだ。
続きを読む
posted by 風庵人 at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

痛風と大豆類・納豆・枝豆・豆腐・豆乳・味噌・醤油

当ブログには、痛風に関するさまざまな関連ワードで検索され、
多くの方々にアクセスしていただいています。

その中で、比較的よく検索されているのが、
痛風と納豆、豆腐などの関係についてです。


大豆類って、痛風にとってはあまり良くはないらしいという
ことで、実際のところどうなんだろう?といろいろなサイトや
ブログを調べているのだろうと思います。


専門サイトでも統一見解ではなく、いろいろな解釈や書き方が
されているので、判断しづらい面も多いですね。

当ブログでは以前に、このようにまとめています。


●痛風に納豆や豆腐は良くないの?
http://tufu.seesaa.net/article/107265342.html


もう一度、結論からいいますと、

痛風や高尿酸血症の人にとって、
納豆・枝豆・豆腐・豆乳・味噌・醤油などの大豆類は、

野菜類の中でも比較的プリン体が多いので、
健康食だからということイメージだけで
多く摂ることはよくないということです。

続きを読む
posted by 風庵人 at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

痛風の食事療法マニュアル

もし、あなたやあなたのご主人、あなたの彼に 『痛風』?の疑いがある場合は、一度すぐに病院で検査されたほうがいいです。


痛風に似た症状として、


A型(偽痛風発作型)
繰り返し関節炎を起こします。発生する半分以上は膝の関節に出ますが、稀に手やひじの関節に発生することもあります。

B型(偽性関節リウマチ型)
偽痛風が慢性的に経過したもので、炎症も強く、体中の関節に発症します。朝方にこわばったり、CRPが要請反応を示すこともあり、関節リウマチと間違われることのある型になります。

C型(偽性変形性関節炎型)
ほとんどが膝の関節に症状が出ます。急性の炎症を起こすものです。

D型(偽性変形性関節炎型)
上のC型に急性の炎症を伴わないものになります。

E型(無症状)
偽痛風の半分以上の割合を占めます。関節炎を発症しないのですが、X線検査で見ると、関節の間に石灰化しているのが認められるタイプです。

F型(偽性神経障害性関節症型)
かなりの機能障害が出るタイプです。関節が破壊される場合もあります。


これらの疑いもありますので、自己判断で終わらせずに、
病院で一度検査をしていただくことをお勧めします。


痛風であると診察結果が出た場合、


痛風の克服には、毎日の食事が重要になります。
食事は毎日のことなので、必然的に痛風解消法を
毎日続ける必要があるのです。



続きを読む
posted by 風庵人 at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法

痛風に役立つ食べ物

痛風に役立つ食べ物があるという話を聞き、

どんなもの?かなと興味津々でチェックしてみたら、
それらは意外なものだった。

何だと思いますか?


答えは、さくらんぼ、ブルーベリー、いちご
だそうです。

どれも美味しそうなものばかりで、
うれしくなってくるじゃありませんか。

さくらんぼ、ブルーベリー、いちご

これらは尿酸値を下げる効果があるそうです。
ポリフェノールやアントシアニン、カリウム、葉酸、ビタミンCなど
の栄養素の働きによるものだそうです。

サクランボの産地では痛風にならないという民間伝承があり、
アメリカインディアンの間ではブルーベリーが痛風に効き、
結石を溶かす働きがあるとされています。

こうしたものを生で摂取するのが難しいようであれば、
サプリメントでもいいですね。

続きを読む
posted by 風庵人 at 17:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。