痛風の食事

痛風の治療には薬物によるものも必要ですが、
体質的に肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症の人に多く発症することから、
まず第一に、日頃の食事に気をつけていくことが重要となります。

栄養バランスの取れた食事をこころがけ、食べ過ぎやアルコールの飲み
過ぎに十分気をつけましょう。

以前はよくプリン体を含む食品を制限することが言われていましたが、
現在では多量に摂らない限り、さほど制限する必要もなく、
むしろバランスの取れた栄養状態を維持することをより重視しています。

体重が増えたり、肥満の傾向は尿酸値が上昇しやすくなります。

標準体重を維持、減量していくことで、痛風や高尿酸血症の予防だけで
なく、糖尿病や高血圧症などの合併症の予防にもつながるんですね。


posted by 風庵人 at 18:20 | 痛風の食事療法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。