痛風の治療

痛風が起こった場合は、まず最初に関節炎の治療をおこないます。

そして痛風の根本的な原因である高尿酸血症の治療のため、
尿酸降下薬を飲みます。

こうして尿酸値を正常範囲にコントロールし続けることで、痛風発作や
腎障害・動脈硬化の進展などを防ぐことができます。

この間に、食事療法や生活習慣などを改善し、さらに尿酸コントロールの
効果を上げていきます。

合併症が見つかった場合にはその治療も併せておこないます。

高尿酸血症・痛風で最も気をつけなければならないのが合併症です。
腎障害・尿路結石・血性心疾患・血管障害(脳卒中)などを引き起こす要因
となるので十分な治療が必要です。

posted by 風庵人 at 17:45 | 痛風の治療法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。