痛風とは

「風が吹くだけでも痛い」というくらい、ある日突然に関節(足の指など)が、ものすごく痛む病気なんです。

40代〜50代の中高年の男性に多い疾患で、日本では昭和30年代から増え続け、現在ではおよそ50万人の患者がいるようですが、特に近頃では30代からの発病も多いようなので若い人も要注意ですね。

わたしも10年ほど前に突然、激しい痛みに襲われ、それ以来忘れた頃に、何度も辛い思いをしています。


posted by 風庵人 at 21:39 | 痛風ってなに?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。