痛風と通風、この似て非なるもの

「痛風」といえば、むかしは「ぜいたく病」などと言われ、どちらかというと中高年オヤジの代名詞のようなイメージでしたが、

近年では30〜40代も多く、しかもなんと!年々女性たちも「痛風」に悩まされるケースが増えているという。

本来は女性ホルモンの関係で、女性は「痛風」になりにくいものだったのですが、現代の食生活の内容の変化が、そのような新たな傾向を生んでいるのでしょう。

このように、これまでほとんど縁のなかった若い世代や女性たちも「痛風」について悩んだり調べたりしています。


このブログにたどりつく検索ワードも、「痛風」ではなくて「通風」だったりする数が増えていることからも、予備知識がない世代が多いことが推測されます。


以前、「ビールでモツ鍋パーティ」のようなことが大流行したことがありました。あれは多くの痛風予備軍をつくってしましましたよね。


「ビールでモツ!」なんて、痛風には、これ以上の組み合わせはないくらいのものですからね。


いまもまわりでは、宴会シーズンたけなわ。


おそらく日本全国で、モツ鍋パーティに近いような乾杯!
シーンが連日くりひろげられていることでしょう。


痛風と通風、似て非なるもの。なんですよ。


痛風は、ちっとも風通し良くありません!
わずかな風でも、飛び上がるくらい痛いのが「痛風」です。


あなた自身が大丈夫でも、あなたの家族や身近な人が、ちょっとでも兆候があれば、すぐにを尿酸値チェックしてくださいね。

知らずにいると、痛みは、ある日突然にやってきます。
自分の尿酸値を知っておくだけで、激痛に襲われずに済むこともあると思いますよ。




posted by 風庵人 at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風ってなに?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73750290
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。