高尿酸血症・痛風の薬

高尿酸血症や痛風の治療薬は、2つのタイプで使い分けられます。

尿酸が排泄されにくいタイプの人には、尿酸の排泄を促す薬が処方されます。
薬の種類としては、ベンズブロマロン(ユリノーム)やプロベネシドなど

尿酸が作り出されやすいタイプの人には、尿酸の生成を抑える薬が処方されます。
薬の種類としては、アロプリノール(ザイロリックやアロリン)など

両方を併用する場合もあるようですが、私の場合はここ5年ほど、
アロリン100mgを一日一錠、服用しており、いまのところ尿酸値は
心配するほどの数値になることはなく、やや高めではあるけれど安定しています。

時々、痛風友だちwと情報交換している中で薬の話も出るのだけど、
降下剤としてはザイロリックが一般的みたいですね。

「それならアロリンも同じだよ、安いし」って言うのだけど、
どこの病院でも簡単に切り替えてくれるわけではなさそうだ。
アロリン錠は、いわゆるジェネリック薬なので、先生たちの信頼性がイマイチ低かったり、
調剤薬局での取り扱いルート外だったりするケースもあるようだ。

でもどちらも基本アロプリノールという成分は同じだし、ざっと調べてみたところ、他にもたくさんの呼称のジェネリック薬が出ている。

アイデイト, アデノック, アノプロリン, アリスメット, アロシトール, アロチーム, アロック, アロプリノール, アロリン, アンジーフ, ケトブン, サロベール, ザイロリック, タカナルミン, ノイファン, プロデック, マサトン, ミニプラノール, ユーリック, リボール, ZYLORIC, CIPLORIC など。

価格を調べてみると、
http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/seibun/3943001F1462.html

●アロリン錠100mg(ジェネリック薬品)
経路:内服薬|規格:100mg1錠 |一般名:アロプリノール錠|薬価:6.00 |メーカー:東和薬品

●ザイロリック錠100
経路:内服薬|規格:100mg1錠 |一般名:アロプリノール錠|薬価:27.00 |メーカー:グラクソ・スミスクライン

●アロプリノール錠100mg(ジェネリック薬品)
経路:内服薬|規格:100mg1錠 |一般名:アロプリノール錠|薬価:5.60 |メーカー:キョーリンリメディオ

以前のブログでも書いたが、いまでもザイロリック錠はアロリン錠の4.5倍の価格です。

毎月の薬代もバカにならないご時世。

いまはネットでいろいろと調べることができるわけですから、
自分の考えを持って、医者に話してみてもいいのではないでしょうか?

場合によっては、快くジェネリックに切り替えてくれることもあると思いますよ。










posted by 風庵人 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 痛風の治療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

【医療】痛風、40年ぶり新型の治療薬が登場
Excerpt: 1 :おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2012/06/09(土) 10:36:57.31 ID:???0痛風治療薬に国内の製薬会社が力を入れ始めた。原因となる尿酸がで..
Weblog: 何これニュース【2ちゃんねる-ニュー速+のまとめ】
Tracked: 2012-06-09 16:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。