一度、痛風になった人へ

痛風の激痛は何の前触れもなくやってきます。

不運にも一度、痛風になってしまった人は、
痛みがおさまったからと治ったと楽観しないでください。

そのままの生活を続けていたら、
かならずまた忘れた頃に再発します。

では、どうすればいいでしょう?

痛風の痛みは、あなたの健康に関する危険を知らせてくれるサインだと思ってください。

痛風は生活習慣病。

日頃の飲み過ぎ、食べ過ぎ、高血圧、肥満、ストレス、運動不足を
改善していくことが必要です。

適正な血圧や体重やコレステロール値、尿酸値を維持・管理していくことで、
痛風の痛みや他の合併症への危険を回避することにつながります。

痛風の人は概ね栄養を摂りすぎがち。
これは、動脈硬化や高血圧症、脳血管障害、糖尿病、腎不全などの原因にもなります。

単に痛風の痛みがなくなったと言って、ほったらかさずに、
かならず尿酸値をコントロールしていくようにしてください。



posted by 風庵人 at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。