痛風の食事療法マニュアル

もし、あなたやあなたのご主人、あなたの彼に 『痛風』?の疑いがある場合は、一度すぐに病院で検査されたほうがいいです。


痛風に似た症状として、


A型(偽痛風発作型)
繰り返し関節炎を起こします。発生する半分以上は膝の関節に出ますが、稀に手やひじの関節に発生することもあります。

B型(偽性関節リウマチ型)
偽痛風が慢性的に経過したもので、炎症も強く、体中の関節に発症します。朝方にこわばったり、CRPが要請反応を示すこともあり、関節リウマチと間違われることのある型になります。

C型(偽性変形性関節炎型)
ほとんどが膝の関節に症状が出ます。急性の炎症を起こすものです。

D型(偽性変形性関節炎型)
上のC型に急性の炎症を伴わないものになります。

E型(無症状)
偽痛風の半分以上の割合を占めます。関節炎を発症しないのですが、X線検査で見ると、関節の間に石灰化しているのが認められるタイプです。

F型(偽性神経障害性関節症型)
かなりの機能障害が出るタイプです。関節が破壊される場合もあります。


これらの疑いもありますので、自己判断で終わらせずに、
病院で一度検査をしていただくことをお勧めします。


痛風であると診察結果が出た場合、


痛風の克服には、毎日の食事が重要になります。
食事は毎日のことなので、必然的に痛風解消法を
毎日続ける必要があるのです。



私の場合は、自分なりに食事のメニューに気を使いながら、
なるべく痛風や高尿酸血症への影響の少ない食生活を
日々こころがけていますが、それでも月に一回は病院へ通い、
尿酸値を下げるための薬も飲み続けています。


ほんとうは薬を飲まずに済めば一番いいのですが、
長い痛風体験の中で、止めると必ず再発していたので
よほど体質改善ができないうちは難しいのかもしれません。


このブログを読まれているあなたやあなたのご主人、彼も、
食事を工夫したり、ダイエットに励まれていることでしょう。


あるいは一人暮らしで食事のことは管理できてないかもしれないし、ご主人や彼の食事メニューに頭を悩ませているのかもしれませんね。


また、仕事の関係などでなかなか病院に通えない場合もあるでしょうし、できるだけ薬に頼りたくない、正しい食事方法を知りたいと思われているかもしれません。



そうした方々におすすめしたい『痛風の食事療法マニュアル』ができました。

●痛風・通風を解消・克服・予防する会
http://s-ter.net/and/c/00077.html


食事に療法特化したこのマニュアルは、
「ビールが飲める、自宅で自然に治す方法」をテーマにまとめられています。


・痛風治療の時間が取れない、または費用を抑えたい方

・痛風解消用薬の服用、すでに常用している薬があるので、
 できるだけ服用を避けたい方

・日常生活の中で自然に痛風の治療を取り入れたい方

・短期間で、無理なく、効率よく、確実にと、お考えの方

・自分に合った正しい食事方法を知りたい方


これまで痛風体験者による、こうした実践的な食事療法として
まとめられたマニュアルは無かったように思います。
試してみる価値あるかもしれないですね。

●痛風・通風を解消・克服・予防する会
http://s-ter.net/and/c/00078.html







posted by 風庵人 at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。