治療を正しく継続

あなたの周りに痛風の人はいませんか?

たいてい一人やふたり、そういえば○○さん、痛風…
というケースが多いようです。

かつては中高年の贅沢病と言われていた痛風ですが、
高カロリー食になりがちな今の食生活では、
若年層もかなり予備軍が増えています。

一般的に、痛風発作に襲われる前に、高尿酸血症の
症状が続くようです。

つまり、高尿酸血症と痛風はワンセット。

高尿酸血症の症状が続けば、その数年後には
かならず痛風発作が起きると考えていいようです。

そして現在、高尿酸血症の人は、
痛風患者の10倍もいると言われています。

いまではほとんどの健康診断や人間ドックでは、
尿酸値を測定します。

もし、あなたが尿酸値が高い(高尿酸血症)と言われたなら、
そのままにしておいてはいけません。

男女ともに血液中の尿酸値が血液100ml中7.0r
(一般に尿酸が高いといわれる値)を超えているのは異常で、
その状態が長く続くと、尿酸はついにその溶解度を超えて
結晶化して痛風発作が起こります。

尿酸値を継続的に下げるには、食事内容や飲酒と運動の
バランスなどもありますが、まずは尿酸値を下げる薬で
コントロールしながら、あなたに合った治療方法を正しく
知ることがとても大切です。

そうして尿酸値を標準内に維持し続けられれば、
あの激痛に悲鳴を上げることもなく、大きな心配に悩む
こともないのですから。



posted by 風庵人 at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の治療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。