内科に行くこと

痛風のなんたるかを知らない場合や、
初めてあの痛みに襲われた場合、

「痛風」ということに気づかないまま、
外科や整形外科に駆け込む人も多いのでは?

私の場合がそうでした。

初めて痛みに襲われたのはもう15年くらい前で、
尿酸値が高いということも自覚していなかった頃なので、
突然の歩けないほどの激しい痛みを、てっきり捻挫かなにかの
ように思い、近くの整形外科に連れて行ってもらったものです。

それが「痛風」だと知らされて、整形外科で尿酸値を下げる薬、
ザイロリックを出してもらってましたが、「痛風」の場合、
外科や整形外科では根本的な解決はできないわけです。

やっぱり内科で診てもらわないとダメですね。

痛風の痛みが突然きたとしても、痛み出す原因や、体質は
5年、10年前から蓄積されたものなんですね。

健康診断で行なう血液検査の尿酸値が高い場合には、
そのことを軽くみないで、要注意が必要です。

尿酸値は、

男4.0〜7.0mg
女3.0〜5.5mg

これ以上高い場合には痛風が疑われ、
動脈硬化や腎臓障害が悪化する割合が高くなります。

いつ痛風発作に襲われても不思議のない数値なので、
ギリギリの数値や高い数値の場合、
早急に体質改善や食生活を見直して、
尿酸値を下げることが必要ですね。

もし痛み出してしまったら、外科ではなくて
最初から内科に行きましょう。



posted by 風庵人 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の治療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108005089
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。