痛風に納豆や豆腐は良くないの?

痛風の食事療法をしていて、意外だったのが

納豆や豆腐でした。

結論から言うとどちらもあまり食べないほうがいい
部類の食品なんですね。

大豆そのものにプリン体がふくまれているので、
納豆や豆腐に限らず、大豆からできているものは、
なるべく避けたほうがいいみたいです。

●大豆関連食品の100gあたりのプリン体含有量です。

納豆 114mg
ゆで大豆  75mg
豆腐 20mg

この数値を判断する目安として、

●プリン体を多く含む食品上位ランキングの
プリン体含有量はこういう数値です。

1.煮干      746mg
2.かつお節   493mg
3.あんこうの肝  399mg
4.干し椎茸    379mg
5.鶏レバー    312mg
6.豚レバー    284mg
7.牛レバー    219mg
8.カツオ     211mg
9.スルメイカ   186mg
10.ニジマス   180mg
11.マグロ    157mg
12.サンマ    154mg
13.アサリ    145mg
14.タコ     137mg
14.ウニ     137mg
15.ヒラメ    133mg
16.鶏モモ    122mg
17.サラミ    120mg
17.ブリ     120mg
17.タラコ    120mg
18.サケ     119mg
19.納豆     114mg
20.ハマグリ   104mg
21.ウナギ     92mg
22.豚ロース    90mg
22.牛タン     90mg
23.帆立     76mg
24.ゆで大豆    75mg
24.そば粉   75mg
25.ほうれん草  54mg
26.えのきだけ  49mg
27.なめこ 28mg
28.白米    25mg
29.豆腐   20mg
30.スジコ  15mg
31.ビール    6mg
32.チーズ   5mg
33.イクラ  3mg
34.日本酒  1mg

いかがでしょうか?


納豆は19位、ゆで大豆は24位、豆腐は33位に
ランクインされています。

ただ最上位の食品群と比べると、
含有量は驚くほど多いわけではないですね。


そしてお気づきだと思いますが、
ビールはプリン体が多いと言われますが、
それは他のアルコールに比べて多いということで、
食品と比べるとたいした数値ではないことがわかります。

結局、ビールを飲む際にプリン体を多く含む食品を
つまみとして摂取するのが大きな原因なのであって、
ビールだけであれば、少し飲むくらいならそう心配
することはないと、食事療法的には思うのですけどね。

食べ物のほうがはるかに気をつけなければならない
ことだと思います。

枝豆とビールは? 言わなくてもおわかりですね。

いまのようになんでもある時代と違って、
あまりものがなかった昔の人は全般的に、
質素な食事だったから、いまほど痛風になる人は
少なかったけれど、同時に、痛風に対する知識も
なかったから、プリン体を多く含む組み合わせを
していたかもしれません。

毎朝、納豆とサケの切り身と味噌汁、
夜は枝豆とビール、冷奴、焼き鳥、モツなどなど。
豆類や塩分のオンパレードですね。

知らず知らず、痛風予備軍を作っていたのかも。


豆類だけのプリン体含有量をくわしく見てみましょう。


●豆類の100gあたりのプリン体含有量

乾燥大豆   172.5mg
乾燥小豆    77.6mg
ピーナッツ 49.1mg
そら豆 35.5mg
豆腐 冷奴 31.1mg
湯豆腐(3分) 21.9mg
豆乳 22.0mg
味噌 赤味噌 63.5mg
白味噌 48.8mg
醤油 45.2mg
枝豆 47.9mg
おから 48.6mg
納豆 113.9mg

こうして見てみると、ひとつひとつは
大きな数値ではないけれど、醤油や味噌も
大豆なのですから、日常的に無意識でいると、
積み重なれば、相当量の豆類のプリン体を
摂取していることになります。

痛風の食事療法として、今回の結論的には、
納豆、豆腐をはじめ、大豆類全般の食品は、
食べ過ぎないように気をつけたいという
ことでしょうね。

最後にもうひとつ、ランキングで意外な食品を発見。
それは、大好物の蕎麦なんですね。

そば粉にプリン体が多いというのは意外だったし、
そば好きとしては残念です。

知ってしまうと、もうたくさんは食べられないのね。



posted by 風庵人 at 12:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 痛風の食事療法
この記事へのコメント
最近、父の痛風の症状があまりよくないので、(注射打ちに病院に通ったりしているのに、少しマシになったものの、もう1週間以上痛みが続いてます)何か出来る事が無いかと思い、探していたらこのブログを見つけました。
とても参考になるような事がいっぱい書いてあるので、メモして父に渡してあげようと思います。
Posted by さち at 2008年10月25日 18:52
さちさん コメントありがとうございます。 お父さん、ご心配ですね。1週間以上ならば痛みはもう直に無くなると思いますが、再発しないようにきちっと対策されたほうがいいですね。そのまま放っておくと、忘れた頃に必ずまた辛い目に遭いますから。
Posted by 風庵人 at 2008年10月27日 22:23
野菜の中にあるプリン体は痛風のリスクを高めない。と医学書に出てますから別かも
動物性たんばくと植物性は全くの別物ですし
朝から晩までプリン体取っても
乳製品や排出物質を効率よく取っていると【お茶など】相殺されますから、食べる種類よりも
量と生活習慣態度ですよ完全に
Posted by んー at 2010年07月18日 08:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107265342
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。