痛風と合併症

ここ1、2年は尿酸値も下がり、痛風発作に襲われることもなく過ごしてたが、
これまでの長年の内臓への負担があったためだろうか、最近の検査の結果、
腎機能がだいぶ低下していることがわかった。

高尿酸血症の状態が続くと体内に尿酸がたまり、尿酸の結晶が腎臓に付着する
ことで、尿細管の働きを妨げられて腎臓の機能が低下するそうだ。

これも痛風による合併症のひとつなのだろう。
このまま放置しておけばやがては腎不全を招くことになる。

痛風の真のおそろしさとはこういうことなのだ。

続きを読む
posted by 風庵人 at 05:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の合併症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。