予期せぬ痛風の発作を避けるには

痛風は年間を通じていつでも発症しますが、
一年のうちで特に痛風発作が起こりやすい時期があります。

身体を動かし、汗をかいて、水分が不足がちになる夏場が最も要注意の季節。
暴飲暴食になりがちな年末・年始。
それらに次いで起こりやすいのは、まさにこれからの春の時季なんです。

会社の歓送迎会や花見といった行事など、やはりお酒の飲む機会も多いですし、
新しい環境での仕事や転勤など、なにかとストレスも溜まりやすい時期なので。

これまで痛風発作を起こした人も、まだ発作の経験はない人も、
長年高尿酸血症であれば、痛風予備軍なので、
予期せぬ発作だけは避けなければなりません。

今回は、そのための食事の話です。

いつも言っていることですが、野菜と海藻を主体とした食事がおすすめです。

■積極的に摂りたいもの
○野菜
野菜の中でも、小松菜は抗酸化作用に優れたカロテンを豊富に含んでおり、
アルカリ性のため、尿の酸化も防ぐ働きをしてくれます。

これからの季節、菜の花のおひたしやサラダもいいでしょう。
もやしは、栄養は少ないですがプリン体も少なく低カロリーなので、
炒め物など他の野菜といっしょに摂ることで満腹感も得られます。
尿酸値を下げる効果のあるニンジン、ジャガイモ、トマトなどもいいでし、
尿をアルカリ化する大根やナス、山菜では利尿作用のあるウドもおすすめです。

○海藻
ワカメ、昆布、ひじき、メカブなどの海藻は、
野菜の3倍のアルカリ性食品と言われています。

人間の体は常に弱アルカリ性に保たれるように働いており、
弱アルカリ性の状態を維持することが健康への第一歩。

プリン体も少なく低カロリーで、野菜では補いきれないミネラルを
豊富に含んだ海藻類をたっぷり食べるようにしましょう。


続きを読む
posted by 風庵人 at 10:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

痛風と合併症

ここ1、2年は尿酸値も下がり、痛風発作に襲われることもなく過ごしてたが、
これまでの長年の内臓への負担があったためだろうか、最近の検査の結果、
腎機能がだいぶ低下していることがわかった。

高尿酸血症の状態が続くと体内に尿酸がたまり、尿酸の結晶が腎臓に付着する
ことで、尿細管の働きを妨げられて腎臓の機能が低下するそうだ。

これも痛風による合併症のひとつなのだろう。
このまま放置しておけばやがては腎不全を招くことになる。

痛風の真のおそろしさとはこういうことなのだ。

続きを読む
posted by 風庵人 at 05:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の合併症

夏場の痛風予防のポイント!

汗をかきやすい夏場は水分不足になりがち。

ポイント1:意識的にたっぷりと水分補給をしましょう。
尿の量を増やし、一日2リットルの尿とともにを尿酸を排出するように。

ポイント2:尿のアルカリ化
尿酸は中性〜アルカリ性の水分に溶けやすいので
尿をアルカリ化する食品を多く摂取し、尿を酸性化する肉類などの食べ過ぎを避けるように。

【尿アルカリ化食品】
●ほうれん草・ナス・ニンジン・キャベツ・ごぼうなどの野菜類
●ジャガイモ・里芋・さつまいもなどのイモ類
●昆布・わかめ・ひじきなどの海藻類
●バナナ・メロン・リンゴ・グレープフルーツなどの果物類

【尿酸性化食品】
●牛肉・鶏肉・豚肉など肉類
●サバ・マグロ・かつおなど魚類
●卵・エビ・アサリ・ホタテ貝・精白米など

続きを読む
posted by 風庵人 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の予防法

痛風は、なぜ足の親指なの?

痛風は なぜ 足の親指なの?

この疑問に答えてくれる興味深いブログ記事があったので紹介します。
http://ameblo.jp/morizononaika/entry-11208510168.html
posted by 風庵人 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風ってなに?

ラジウム(ラドン)温泉と痛風

前回、姫川薬石のことを書いて、そのあともいろいろと調べていたら、
この薬石を風呂に入れることでラジウム(ラドン)温泉の効果が期待できるみたい。

●ラジウム(ラドン)温泉の効能

◎浴用の適応症
リウマチ性疾患
痛風および尿酸素質
動脈硬化症
高血圧症
慢性肝・胆道疾患
外傷後遺症

◎飲用の適応症
痛風および尿酸素質
リウマチ性疾患
慢性消化器疾患
慢性肝・胆道疾患
糖尿病

◎吸入療法の適応症
痛風および尿酸素質
リウマチ性疾患
慢性気管支炎
気管支喘息

続きを読む
posted by 風庵人 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛風の治療法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。